脱毛サロンで脱毛できない場合

脱毛サロンで脱毛できない場合

脱毛サロンで脱毛できない場合

全身脱毛に限らず部分脱毛でも同じことが言えるのですが、脱毛できない場合があります。

 

つまり施術をサロン側から拒否されるという事です。

 

これは、これから全身脱毛にチャレンジしようと言う人や、既に脱毛サロンに通っている人に当てはまるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

せっかく予約をとったのに、脱毛できないとなれば時間の無駄になってしまいます。

 

日焼けをしている人は脱毛できない場合があります

各サロンで行っている脱毛方法は、フラッシュ脱毛がほとんどです。

 

フラッシュ脱毛は光を照射して、その特殊な光がメラニン色素に反応して脱毛効果を得ると言う脱毛方法です。

 

ですから、日焼けをしている方は、ターゲットである毛根のメラニン色素に光が届く前に、日焼消したお肌で効果が分散されるので効果が半減してしまいます。

 

また日焼けをしているお肌に光を照射すると、痛みがひどくなる場合もあるので、サロン側としてはお断りするケースがあります。つまり、日焼け直後のお肌は敏感になっているので、光を当てて刺激を与えるのは良くないという事です。

 

ですから、これから脱毛にチャレンジしようとしている方は、日焼けには十分に注意するようにしましょう。

 

薬を服用中の人は脱毛できない

持病や疾病等で薬を服用している方は脱毛サロン側から断られる可能性もあります。

 

また薬を服用していない場合でも体調不良と判断された場合、施術を断られる事もあります。

 

ほとんどのサロンで全身脱毛できる条件として掲示されている事が「健康体」であると言う事なので、薬を服用している方や、体調不良の方の場合医師の診断書や同意書をご用意の上サロン側に相談するようにしてください。

 

妊娠中や出産直後の方は脱毛できない

妊娠中の方や、出産直後の方はサロン側から断られるケースがあります。

 

これは直接お腹の中の赤ちゃんに影響があるからではなく、妊娠中や出産直後の女性はホルモンバランスが乱れていて、お肌がとても敏感になっているからです。

 

お肌が敏感になっていてお肌の状態が悪い部分に光を照射してしまうと肌トラブルの原因になり兼ねないので、サロン側としては施術をお断りする場合があります。

 

妊娠中の方は特に全身脱毛や部分脱毛の施術を控えるようにしてください。また出産直後の方の場合は、最低でも出産後に生理痛が2回以上来てから施術をしてもらうようにしてください。

 

生理中の方は脱毛できない

生理中の方は脱毛できないのではなくて、脱毛の施術自体は可能なのですが、お肌の状態が不安定になっているのでサロン側としてはおすすめはしておりません。

 

それから、生理前などもお肌の状態が不安定なのでおすすめできません。

 

一番良いのは整理後のお肌の状態が安定している時の施術が良いとされています。また、生理中は殆どのサロンでVIO脱毛は断られる場合があります。

 

ですから、全身脱毛をしている方でVIOを含んでいる方や、VIO脱毛のみをしている方も生理日の予約は避けるようにしましょう。

 

皮膚の状態によっては脱毛できない

敏感肌の方やアトピーの方、その他の肌トラブルをお持ちの方は、脱毛できない場合があります。

 

しかし、専門の医師の同意を得ている場合は同意書や診断書をお持ちの上無料カウンセリングを受けるようにしてください。

 

肌トラブルがあると絶対に施術ができないという事ではありませんので、不安な方はカウンセリングで相談するようにしてみましょう。

 

またタトゥーなどが入っている方も断られる場合もありますのでカウンセリング時に相談するようにしましょう。

 

全身脱毛を始める前に上記の項目にあたはまらないかを確認するようにしてください。そして少しでも心当たりがあると言う方は、必ず無料カウンセリング時に確認するようにしてください。

 

妊娠中や出産直後の方は、ホルモンバランスが乱れている為脱毛効果が現れにくくなっていますので、落ち着くまで施術を受けないようにしましょう。

 

それから、アトピーや肌トラブルをお持ちに方は必ず専門の医師に相談の上診断書や同意書を持参の上各サロンに相談する様にしてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ