妊娠と脱毛の関係性について

妊娠と脱毛の関係性について

妊娠と脱毛の関係性について

妊娠をしていると脱毛を断られるケースがあります。

 

では、なぜ妊娠中は脱毛の施術を断られるのでしょうか?

 

今回は妊娠と脱毛の関係について解説していきたいと思います。

 

妊娠や出産直後は脱毛できないの?

妊娠中や出産直後は脱毛の施術を受ける事が難しくなります。

 

と言うよりも、やめておいた方が良いでしょう。

 

なぜなら、妊娠している状態でフラッシュ脱毛をするとお腹の中の赤ちゃんに直接の影響があるのではなく、妊娠中や出産直後の女性はホルモンバランスが乱れている為、脱毛効果が現れにくくなってしまう可能性があるからなのです。

 

また、肌の状態が非常にデリケートになっているので、光を照射することで何らかの肌トラブルを起こしてしまう可能性もありますので、ほとんどのサロンでは妊娠中の方や出産直後の方の施術をお断りしている場合もあります。

 

妊娠はいつするか分からないので注意が必要

全身脱毛の場合は長期的に通う事になるので、今は妊娠していなくても1年後に妊娠する可能性もありますね。

 

そのような場合、脱毛保証期間に限りがあるサロンだと妊娠から出産までの間に期限切れになる可能性があります。

 

こうなってしまうと通いたくても通えないし、お金が宇田になってしまうので非常にもったいないですよね!

 

ですから、少しでも妊娠の可能性があると言う方は、妊娠期間中は全身脱毛できないものと認識しておいて、期間中は脱毛をはじめないで妊娠と出産に集中するようにしてください。

 

では、「妊娠もしていないのに出産するまで脱毛できないの?」と聴こえて来そうですが、そういう意味ではなく、いつでも辞めれる月額制の全身脱毛にするか、無制限コースの全身脱毛を選択すれば妊娠や出産をを気にする事なく全身脱毛を始める事ができますね。

 

ただし現在すでに妊娠していると言う場合は、出産後に全身脱毛を始めるようにしましょう。

 

最も注意するべきは、回数パックプランの12回や18回コースです。

 

これらのパックプランを契約する際は、長期に渡って妊娠の可能性が無い事、引っ越しなどの予定が無い事などを考慮して契約をするようにしてください。

 

それでも万が一妊娠してしまった時の事を考えて、契約前に返金保証があるのか、そしてその返金保証の内容はどのような物なのかをチェックするようにしましょう。

 

例えば1年と半年後に解約した場合の返金保証の内容はどの様なものになるのかもしっかりと確認するようにしておいた方が良いでしょう。

 

また、その返金保証の内容を書面等で頂いて保管をしておくとより安心ですね。

 

妊娠中のムダ毛処理は注意が必要

妊娠中は脱毛サロンに通う事ができなくなるので、結局ムダ毛の処理は自己処理になってしまいます。

 

妊娠中はとてもお肌がデリケートになっているので、毛抜きやカミソリなどを使用したムダ毛処理は極力しないようにしてください。

 

妊娠中のムダ毛処理は電気シェーバーなどを使用してなるべく肌に刺激を与えないようにしてください。

 

それから、いくら電気シェーバーが肌にやさしい方法と言っても、肌が赤くなったり、ひりひりしたり、痒みが出てきた場合は即刻中止してください。

 

妊娠中はホルモンのバランスが乱れている為、肌がとても敏感になっています。

 

また、妊娠中は肌がデリケートなので、色素沈着を起こしやすくなっている場合もあります。

 

かゆみやヒリヒリ感、肌の赤らみを感じたら色素沈着の原因になってしまうので、ムダ毛処理を中止してください。

 

以上のように、妊娠中は肌がとても敏感になっています。

 

ですから、なるべくムダ毛の自己処理もやめるようにしてください。

 

もちろんサロンによる全身脱毛や部分脱毛も一旦中止するようにした方が肌の為にも良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ