色素沈着の原因と予防方法について

色素沈着の原因と予防方法について

色素沈着の原因と予防方法について

ムダ毛の自己処理をしている方の多くは、色素沈着(黒ずみ)で悩んでいるのではないでしょうか?

 

色素沈着は肌トラブルの一種で、黒ずんでしまう部位は特に決まっていません。

 

また、色素沈着は一度発生してしまうと、自然に戻る事はなくどんどん黒ずんでいきますので、なるべくカミソリや毛抜きによるムダ毛の自己処理は控えた方が良いでしょう。

 

色素沈着の原因

色素沈着の主な原因は、

  • 肌トラブルによる炎症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線
  • 加齢

等々です。

 

中でも特に「肌トラブルによる炎症」が原因で、色素沈着を起こしてしまっている場合が多くなっています。

 

肌トラブルの炎症による色素沈着

脇やひざ下などが黒ずんでいる方で、上記の原因から考えられるのは肌トラブルによる炎症です。

 

これは、カミソリなどを使用したムダ毛の自己処理が原因で、肌トラブルを起こしてしまい徐々に黒ずんでくるのです。

 

カミソリを使用した自己処理の剃毛時に、肌に目に見えないほど小さな傷がついてしまいます。

 

そして、肌が炎症を起こしてヒリヒリしたり、痒みが酷かったり、赤らんで腫れたりたりするのです。

 

これらの症状が、肌の黒ずみ(色素沈着)の原因となっているのです。

 

ですから、脇、ひざ周り、ひじ周り、Vライン等の黒ずみが出てきた場合は、カミソリによる剃毛が原因なので、一刻も早く自己処理をやめるようにしてください。

 

最近のエステサロンで行われている全身脱毛は、美容成分をたっぷり含んだジェルなどを使用して施術を行うので、脱毛効果プラス美肌効果もあります。

 

ですから、美肌効果が高く、とても肌がキレイになります。

 

また色素沈着で黒ずんでいる肌も、自己処理をやめる事と、エステ脱毛の美容成分配合のローションの効果で徐々に元の肌の色に戻っていく場合もあります。

 

早い段階で脱毛サロンでムダ毛処理をすると、あなたの黒ずんだお肌もキレイになっていくことに期待できます。

 

色素沈着を治すには時間がかかりますが、しっかりとケアしてあげる事でキレイな肌を取り戻す事ができます。

 

色素沈着ができてしまう理由

人間の肌には「防御機能」があります。

 

肌が刺激を受けると、その防御機能が働いて肌を守る為に「メラニン」を生成します。

 

このメラニンこそが色素沈着の基となるのです。

 

メラニンが生成された場合でも、お肌の状態が正常ならば、メラニンが排泄されて新しい皮膚へと生まれ変わります。

 

しかし、肌の状態が悪く正常にターンオーバーを行う事ができない場合は、そのまま肌内部にメラニンが留まってしまい色素沈着を起こしてしまうのです。

 

カミソリを使用したムダ毛の自己処理は、どうしても肌に傷を付けてしまい角質層ごと剥がれ落ちてしまいます。

 

そして、その傷口から大気中の雑菌が入り込みます。

 

その刺激を受けて、バリア機能が働いてメラニンを生成します。

 

これを毎日繰り返し行う事で、メラニンの排泄が間に合わなくなりメラニンが蓄積されていくのです。

 

角質層は紫外線や雑菌から肌を守ったり、肌内部の潤いを外に逃がさない為の保湿効果があります。

 

カミソリでこの角質層を剥がしてしまう事が肌トラブルの原因であり、色素沈着ができる理由なのです。

 

色素沈着の予防方法はあるの?

色素沈着の予防方法は、やはりカミソリを使用したムダ毛の自己処理をしない事です。

 

つまり、脱毛サロンでキレイに脱毛処理をしてもらうと言う事です。

 

脱毛サロンではカミソリや毛抜きを一切使用しません。

 

したがって、肌に傷つく事もなく、角質層が剥がれてしまう事もないのです。

 

ですから、メラニンの生成が抑制されるので色素沈着を起こすと言う事はないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ